ホワイトニングの注意点

一般的な歯科医院でも審美歯科でもホワイトニングをしたからといって永久的に真っ白い歯でいることは難しいものです。人によっては歯に色素がつきやすい体質の人もいますし、喫煙をしていたり赤ワインやコーヒー紅茶といった色素沈着しやすいものを好んで摂取している人もいます。継続的に白い歯でいるためにはホワイトニングに通ったり、自分で自宅でホワイトニングをしたり、食べ物に気をつけたりといった努力も必要であることは知っておく必要があります。

また、歯の状態が虫歯だらけであったり歯周病があったりとトラブルのある状態ではすぐにホワイトニングができません。もちろん虫歯の治療をしたり歯周病の治療をしたりすればホワイトニングが受けられますから事前に治療を行うようにしましょう。また、エナメル質の形成不全、象牙質形成不全であったり入れ歯や差し歯が多かったり、虫歯や歯周病が重症であったりするとホワイトニングを避けるべきと言われることもあります。

治療方法については相談をして自分に合った方法を探す必要があります。また、妊娠中や授乳中はホワイトニングを避けるべきとする審美歯科もありますから、これから妊娠出産を控えている女性は治療の時期は考える方が良いです。