ホワイトニングの注意点

一般的な歯科医院でも審美歯科でもホワイトニングをしたからといって永久的に真っ白い歯でいることは難しいものです。人によっては歯に色素がつきやすい体質の人もいますし、喫煙をしていたり赤ワインやコーヒー紅茶といった色素沈着しやすいものを好んで摂取している人もいます。継続的に白い歯でいるためにはホワイトニングに通ったり、自分で自宅でホワイトニングをしたり、食べ物に気をつけたりといった努力も必要であることは知っておく必要があります。

また、歯の状態が虫歯だらけであったり歯周病があったりとトラブルのある状態ではすぐにホワイトニングができません。もちろん虫歯の治療をしたり歯周病の治療をしたりすればホワイトニングが受けられますから事前に治療を行うようにしましょう。また、エナメル質の形成不全、象牙質形成不全であったり入れ歯や差し歯が多かったり、虫歯や歯周病が重症であったりするとホワイトニングを避けるべきと言われることもあります。

治療方法については相談をして自分に合った方法を探す必要があります。また、妊娠中や授乳中はホワイトニングを避けるべきとする審美歯科もありますから、これから妊娠出産を控えている女性は治療の時期は考える方が良いです。

審美歯科の治療

審美歯科では歯の美しさや歯茎の美しさを手に入れるために様々な治療が受けられます。歯にまつわる悩みやコンプレックスというのは様々なものがあります。歯が黄ばんでること、銀歯があること、歯の隙間や歯の形が気になること、歯茎の色や形が気になること、歯の健康を維持したりアンチエイジングをしたい、といった希望に応えてくれるのが審美歯科なのです。

治療の内容は希望することによって異なりますが、クリーニングやホワイトニングは特に人気の施術方法です。歯を削らずに歯の色を白くしてくれたり、虫歯や歯周病の原因となる歯石や歯垢を丁寧に除去してもらうことで白くて美しい歯を手に入れられます。また、笑った際に目につく奥にある銀歯についても、セラミックを用いて歯を白くすることができますし、同じくセラミックを用いて歯の色や形を整えたり、隙間を埋めたりという施術を受けることもできます。

審美歯科でのホワイトニングと言ってもその施術方法には様々な方法があります。通常のホワイトニング材を用いて行うホワイトニングもありますし、セラミックを被せて歯を白くする方法もありmす。セラミックを被せるのは白くなりすぎると不安視されることもありますが、最近のセラミックは自然な白さを出すこともできるので、見た目でセラミックとわかってしまうことを心配する必要はありません。

審美歯科とは

最近、歯科医院の中には審美歯科と言われるところがあります。虫歯の治療を行ったり歯茎の不調、といった口腔内の不調を治療するのが歯科医院だとされてきました。しかし、歯にまつわるトラブルというのは虫歯や歯周病だけではないのです。

例えば、歯並びが悪かったり歯が黄ばんでいたり、歯の形が気になったり、歯ぐきの色を治したい、噛み合わせをよくしたいというのは、日常生活の中で我慢できたりさほど支障をきたさないことであることが多いです。しかしこのようなトラブルを抱えていると、それがコンプレックスとなって人前で話すことが嫌になったり人と食事をすることが嫌になったりしてしまうこともあります。このようなコンプレックスを改善してくれるのが審美歯科です。審美歯科では歯の色を改善したり、歯並びを整えたり、歯茎を綺麗にしたり咀嚼をスムーズにしたりといった生活の質の向上を促す治療をしてくれます。

人間が生活する中では、健康に生活することが欠かせません。健康というのは体の不調を整える体の病気や調子の悪いものを改善するだけでなく心の健康も守ることが重要です。いくら元気で健康であっても楽しいことがなければ生きていて満たされることはありません。そのように人生が楽しいと思えるためにはコンプレックスの解消はとても重要です。そこで審美歯科では歯のトラブルやコンプレックスを解消して生活の質を上げるお手伝いをしてくれるのです。ここでは、審美歯科で行われる治療の内容と、その中でも多くの人が興味の有るホワイトニングについて紹介をしていきます。